メンズ

機密文書を廃棄する時の注意点|安全性を求める

  1. ホーム
  2. 漏洩対策を考える

漏洩対策を考える

シュレッダー

万が一も許されない

各企業とも情報漏洩にも相当な気を使っているにも関わらず、情報漏洩自体はなかなか無くなる事はありません。漏洩ルートは電子データと紙媒体が挙げられます。このうち、電子データはセキュリティ対策のソフトの導入や運用監視の体制を整えるなどの方法である程度の対策は可能なのですが、紙媒体の場合は対策が難しい場合が多いです。特に機密文書の取り扱いには頭を悩ましている企業が多いのが現状です。機密文書を廃棄する場合、大抵はシュレッダーで細断する方法を取りますが、実は細断した紙をつなげ合わせて機密文書を復活させ、そこから情報漏洩が発生したケースもありシュレッダーで細断すれば安心と言う訳でもありません。その為、機密文書を廃棄する場合は廃棄業者に依頼するのが一番確実な方法となります。廃棄業者が機密文書を廃棄する場合、市販のシュレッダーとは比較にならないほど細かく細断してから廃棄しますので、情報漏洩が発生する可能性が遥かに低下します。また、電話一本で業者が機密文書を取りに来てくれたり、段ボールを無料で提供してくれたりとかゆい所に手が届くサービスをしてくれる業者が多いです。定期的に機密文書の廃棄が必要となる業務の場合は、廃棄ボックスを設置し定期的に廃棄をおこなってくれるサービスも便利です。なりより業者に依頼する最大のメリットは、万が一情報漏洩が発生した場合に、保険になると言う事です。一般的に情報漏洩が発生してしまうと、賠償金が高額になるケースが多いのですが、その際の保険となりますので、その対策としても業者に依頼するのは良い方法です。