鍵なくしたときは交換したほうがいい理由とは?

鍵なくしたときの対処方法

鍵なくしたときは、業者に連絡して対応してもらわなければいけません。しかし、対応してもらうにしても鍵は交換したほうがいいのか、それともスペアキーを作ったほうがいいのか悩むでしょう。ここでは、そんなときに役立つ対処方法についてご紹介します。

新しい鍵に交換するメリットとは?安全に暮らすために必要なこと

  • ・なくした鍵が使えなくなるので、万が一家を特定されても入れない。
  • ・最新の鍵に交換できるので高い防犯対策ができる。
  • ・スペアキーを作るよりも作業時間が短いので、解決まで時間が早い。
  • ・特殊な鍵に交換することもできるので、なくさないように意識しやすくなる。
  • ・スペアキーだと料金は安いが、空き巣に入られる可能性がある。
  • ・女性の一人暮らしの場合、スペアキーを作るだけだとストーカー被害に遭うことも。
  • ・最新の鍵はピッキング被害に遭いにくいものが多いので交換がおすすめ。
  • ・どんなドアでも取り付けられる鍵を用意してくれる安心。
  • ・費用に関して相談できるので、スペアキーを作るよりも安くなることも。
  • ・業者と防犯面などを相談しながら、交換する鍵を取り付けられる。

鍵なくしたときは交換したほうがいい理由とは?

錠前

実は案外多い空き巣被害

鍵を落としても、どこの家の鍵かなんて特定できないと思っていませんか?しかし、落とした状況によっては拾った人間が後をつけて家を特定することができます。そして、新しい鍵を交換していなければ後日家にいない時間を狙って鍵を使って空き巣に入る人だっています。実際にこういった事件は多く、知らない内になくなっているものが多いと気付く人もいます。

女性ならストーカー被害も…

女性が鍵をなくした場合、後をつけられるとストーカー被害に遭うこともあります。盗聴や盗撮などの被害を受ける可能性もあるので、女性は特に鍵をなくしたら交換することをおすすめします。「私は大丈夫」と思っていても、今は盗聴や盗撮の技術も発展しているので誰でも被害に遭う可能性があるので気を付けましょう。

防犯対策を強化しよう

鍵を交換することは、防犯対策を今よりもさらに強化することができます。防犯対策は、これからも住み続ける以上大切なことですし、空き巣などの犯罪も巧妙になっているので、鍵をなくしたら新しい鍵でも最新でピッキングのしにくいものを選ぶようにしましょう。そうするだけで、被害者になることを避けやすくなります。

「交換してよかった!」という人の声をまとめてみました

警察に届けてくれていたけど…

鍵を落としたときに警察に落し物として届けたところ、後日届けてくれた人がいたと連絡が入りました。警察に行って話を聞いたところ、しつこく鍵を落とした本人が来たら連絡先を教えてくれと言っていたと教えられたので、鍵を新しく交換したほうがいいと言われました。すぐに鍵の業者に連絡して交換してもらったのですが、もし交換せずにお礼の連絡をしていたら特定されていたのかなと思い、怖くなりました。

鍵穴が傷付いていた

鍵をなくしたときに「交換したほうがいい」と業者の人に教えてもらったので交換しました。交換してからしばらくしたら、鍵穴が結構傷付いていたので何かと思って業者に相談したら、「鍵を拾った人間が来た可能性が高い」と言われました。本当にすぐ交換してよかったと思っています。

防犯面がよくなった

家族5人で住んでいます。最近、私が鍵をなくしてしまったので長く使っている鍵だし、新しいものに交換しようと思って業者に相談しました。すると最新の鍵に交換でき、高い防犯対策ができるようになりました。

広告募集中