メンズ

機密文書を廃棄する時の注意点|安全性を求める

  1. ホーム
  2. 情報漏えいを避けるには

情報漏えいを避けるには

紙屑

セキュリティ対策

機密文書の内容が外部にもれると会社に大きな損害を与えることになります。セキュリティ対策がしっかりしており、確実に文書を廃棄してくれる業者を選ぶ必要があります。機密文書を廃棄するには出張シュレッダーサービスを利用する他、焼却処理、工場破砕、溶解処理などの方法があります。出張シュレッダーサービスは大量の文章を短時間で処理することができます。また目の前で廃棄してくれるので、よそに内容がもれる心配がなく安心できます。焼却処理や工場破砕、溶解処理の場合には、それぞれ工場に機密文書を運び処理してもらうことになります。焼却処理の場合には機密文書を専門に廃棄している業者はほとんどありません。他の文書や物と一緒に焼くためセキュリティ対策がほとんど取られておらず、文書が廃棄されずに紛失する可能性もあります。工場破砕は工場で文書を粉々に粉砕し、溶解処理は機密文書を入れている箱ごと溶解炉に入れて溶かしてしまう方法です。どちらも破棄した後はリサイクルにまわされるのでエコにもなります。また工場破砕や溶解処理を行っている業者は機密文書廃棄の専門業者が多い為、セキュリティ対策がしっかりしています。セキュリティ管理の国際規格を取得している業者も多く、廃棄完了後にメールで知らせたり機密抹消の証明書を発行しているところもあります。また工場に運ぶ最中に紛失することがないようにGPSをつけることも可能です。段ボール1つから対応してくれるところもあり、コストの面でも利用しやすくなっています。